プリザーブドフラワーの歴史と今

「プリザーブドフラワー」とは、生花や葉を特殊な溶液に浸すことによって植物中の余分な水分を抜くといった加工を施したものを指します。
生花のように小まめな手入れをしなくても、半永久的に美しい花を楽しむことができ、また元が生花なのでその色や質感もそのままです。
造花のようにクオリティを下げる必要もなく、長い間お花を楽しむことができます。
プリザーブドフラワーはアレンジしやすいということもあり、多くの花屋さんやギフトショップでは加工済みの花をガラスケースに飾ったり、フォトフレームに入れたりなど、お花としてだけではなくインテリアとしても楽しめるよう工夫されています。

こういった流れから、今やギフトの定番の1つともなっています。


そもそもプリザーブドフラワーの始まりはフランスです。
フランスにあるヴェルモント社がこの開発に成功し「長寿命の切花製法」の特許を取得しました。

その後ヴェルモント社は1年中バラの栽培が可能だと言われているエクアドルに工場を設立し、プリザーブドフラワーの生産を本格化させていきました。


フランスで始まったものが徐々にヨーロッパ中に広がり、次第に海を越えて日本にも伝わりました。そのため日本に普及したのはここ数年前なのです。こうして徐々に普及していったのですが、特殊な製法によって生花を加工していることから当時はなかなか手に入らず、高級品の1つともなっていました。

上流階級者が観賞用や大きなイベント会場の装飾などに利用することがメインとなっており、一般階級の人々が手に入れることはできなかったのです。

時代の流れとともにその技術は徐々に広まり、メーカーによっても加工のやり方が違ったりと様々な顔を見せるようになりました。


こうしたことから昔に比べて普及率が高まり、一般の人々でも手に入れることができるようになりました。


それでも特殊な加工技術を施していることから比較的価格が高めであることに変わりはありません。

半永久的に花を楽しむことができるというメリットを生かし、今日では部屋に飾る雑貨類にプリザーブドフラワーを加えたものが多くなりました。

インテリアの1つとしても非常に人気があるため、記念日や母の日などのギフトによく用いられています。

また加工した花弁に印字をしたり、人工的に花に着色を施したりとアレンジのバリエーションも非常に多くなりました。
半永久的にお花を楽しめるのですが、元は生花です。

その美しさが永遠に続くわけではありません。水やりや葉・枝などの手入れは必要ありませんが、扱いには気を付けなければなりません。
せっかく人からプレゼントされたのであれば、その美しさをずっと保てるよう大切に扱うようにするのが大切です。


今日では生花を多く扱っている結婚式場でも「当日の思い出を自宅にも持ち帰ることができるように」と生花ではなく加工花を利用する式場も増えてきています。
またその技術やアレンジを学ぶ教室も全国各地で開催されています。

プリザーブドフラワーといえばこちらです。

ギフト券の購入情報サイトを利用しましょう。

あなたが探していた和傘を求める人にお勧めしたいサイトです。

人気の商品券の購入の正しい情報を手に入れましょう。

本当に役に立つ商品券の購入について詳しく知りたいならこちらです。

https://4meee.com/articles/view/368872

http://news.mynavi.jp/news/2014/02/24/355/

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14114606524

関連リンク

種類が多いギフト券で進学や就職のお祝いを

進学や就職のお祝いに何かプレゼントをしようと考えても、何がよいか迷ってしまうことがあります。贈る相手の年齢や好みに沿うようなものを贈りたくても、本人に知られずサプライズにしたい場合は聞くことができません。...

more

結婚式の引き出物で注意したいこと

結婚式は非常に楽しいものです。人生で一度しかないものですし、今まで子供だった自分たちが両親に感謝の気持ちと大人になったということを伝える最良の場とも言えるでしょう。...

more